フォトショップとクリップスタジオのおすすめワークスペース

でぶねこ
イラストやマンガの制作に適した、お絵かきソフトのワークスペースをご紹介にゃあ~♪

みなさんはお絵かきソフトで作業するとき、どんなワークスペースを使っていますか?でぶねこはシンプルな構成が好きなんですが、ワークスペースの構成は人それぞれですよね!今回はフォトショップとクリップスタジオのおすすめワークスペースのご紹介をしたいと思います♪

フォトショップのおすすめワークスペース

まずは、フォトショップのワークスペースです。イラストやマンガを描くときに適しているとでぶねこが思う構成で、マンガにセリフを入れることを考慮して文字のウィンドウを表示させています。構成はシンプルで、①ツール、②ヒストリー・アクション・情報、③レイヤー・パス・チャンネル、④文字でだいぶウィンドウの数が少ないですが、使いやすいです♪

ワークスペースにプレビューを表示させないようにすると、動作が軽くなると聞いたので、プレビュー表示はさせていません。マンガを描くときは、セリフも自分で打つので、文字のウィンドウがあるととても便利です。アクションのウィンドウは普段よくやる動作を記録しておくと(加工方法など)すぐ動作を呼び出せるので便利です♪

クリップスタジオのおすすめワークスペース

次はクリップスタジオのおすすめワークスペースです。クリップスタジオは多機能なので、表示させるウィンドウも沢山あって構成に迷うのですが、こちらもシンプルな構成です。①ツール、②サブツール、③ツールプロパティ、④カラーサークル、⑤ヒストリー、⑥サブビュー、⑦ブラシサイズ、⑧レイヤー、で構成されています。

クリップスタジオはサブビューという別のファイルを参照できるウィンドウがあるので、服装のデザインなどを別ファイルから参照しながら書きたい時にはとても便利です。また、カラーサークルも色が選びやすいので表示させておくと便利です。自分独自の色パレットを作ることも出来て、キャラクターごとに配色を記録した色パレットを作っておくと便利だと思います♪

あと、ブラシサイズの調整にツールプロパティが便利です。筆圧の調整や入りと抜きの調整、線画の自動補正の調整ができます。ブラシサイズは頻繁に使うので、表示させておくと便利です。

まとめ

でぶねこはシンプルな構成が好きなので、ワークスペースもウィンドウ少なめで、描画画面を圧迫することのない構成だと思います。この二つのワークスペースの設定が、でぶねこは一番使いやすい感じです。

ワークスペースの設定にあわせて、ショートカットキーの登録もしておくと、作業時間がグッと短縮されて便利です。でぶねこはフォトショップを使う時間が長いので、クリップスタジオの設定もフォトショップの設定と同じショートカットキーの割り当てをしているのですが、使うキーボードのボタンが同じなので、同じ感覚で二つのソフトを使うことができています♪

でぶねこは漫画を描くときにネームと下書き、枠線、吹き出し、セリフをフォトショップで作ってから、クリスタで清書しています。なので、その作業に最適化された構成だと思います。今回のワークスペースの構成はマンガを描いている方に特におすすめだと思います♪今回の記事を参照しながら、自分にとって一番使いやすいワークスペースを構築していってくださいね♪

パンプキン
ワークスペースは使いやすいのが一番ですよね
クラウン
快適な作業環境を作るのじゃぞい。

PUMPKIN CROWN GOODS
缶バッジ

ブログのマスコットキャラクター、『パンプキン』と『クラウン』が缶バッジになりました♪

PUMPKIN CROWN GOODS
ピンバッジ

ブログのマスコットキャラクター、『パンプキン』と『クラウン』がピンバッジになりました♪

PUMPKIN CROWN GOODS
アクリルキーホルダー

ブログのマスコットキャラクター、『パンプキン』と『クラウン』がアクリルキーホルダーになりました♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

一次創作(ファンタジー / 現代 / 和風 / おじさんと少女 / ロボ)が好きで、漫画や小説やイラストを描いているお絵かき猫です。 デジタル作画での使用ソフトは、フォトショップCS6とクリップスタジオEXです。